忍者ブログ
使い続けたパイプの整理棚 
カレンダー
 
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
 
カテゴリー
 
フリーエリア
 
最新CM
 
最新記事
 
最新TB
 
プロフィール
 
HN:
ロク
性別:
非公開
バーコード
 
RSS
 
ブログ内検索
 
アーカイブ
 
最古記事
 
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どこかのデパートの喫煙具売り場で購入したと記憶しているのですが、詳しくは忘れてしまいました(こんなんばっかw)
よく覚えているのは、店員さんが同じような価格帯の和製ハンドメをしきりに勧めてくれたことです。 そんなのやめとけよっていう雰囲気アリアリだったんですよね(笑 すでにフリーハンドシェイプに魅力を感じなくなっていた私は、まったく聞く耳無しでしたが。
このパーフェクトメイクというグレードは70年代になってから投入されたものでしょうか? 色々と分かるようになった今思うと、その仕上げから60年代にあったバージンというグレードのネーム変更版のように思えます。 
当時は英国パイプといえばダンヒルかBBBでした。 量的にはフレンチパイプには敵うべくもありませんでしたが、どこにでも置いてある英国パイプはBBBでしたね。  そのBBBでも上級(といってもしれてますがw)のベストメイクはそれほど見かけず、パーフェクトメイクに限ってはこれが初見だったんですよね。 たしかベストメイクより1k円ほど高いだけの差だったと記憶してます。
品質的には、同じ価格帯ではフレンチのほうが見栄えがして人気もありました。 仕上げが雑だったり、煙道がボウルの底でずれていたりというパイプもBBBの常でしたので、これを見たときも特に気に留めるということは無かったのですが、手に取ってみたのはこのシェイプのせいです。 ベントアップル・・なのに媚びるような丸みは無く、田舎臭いようなシェイプラインのようでいて、あえてそこに誇りを持っているような風情。 これこそがブリティッシュ!・・と思ったんですよ・・たぶん(笑  
さすがに埋めやピンホール(サンドビット)は無いのですが、仕上げの美しさでは同じナチュラル仕上げのコモイ・ロンドンPには劣ります。 しかし、ナチュラル仕上げというのは長年使ってこそ、その良さが分かるもので、最初はまるでボウズと思っていた箇所が年を経て濃く色づき、グレイン様の模様が現れたりするんですよね。
しかし、この時代のBBBは哀れですよね。 ご先祖があまりに偉大であったがために顧みられることもあまり無いようです。 でも、私見では、当時の英国他社と比べて、仕上げで劣るもののブライアの質では遜色無いように思います。 
このパイプは、煙道はピーターソンシステムのようにテノン穴が深くえぐられ、途中からボウルへと続く煙穴が開いているという造りですので、扱いは面倒ですが、ボウルに流れるジュースが少なくなり、煙もクールです。 あまりにドライでクールというのも煙が痩せるような感じがするものですが、こいつは充分に豊かなコクが出ると言えます。 ただし、最初はそうでもありませんでした。 ごく普通でした。 10年ぐらい経ってからかな? カーボンをしっかり削った後・・あ、こいつものすごく美味いな〜って、しげしげと見直したんです。 
グレインにも、仕上げにも、これといった取り得の無いパイプなんですが、BBBというネームだけで売っていたのではない・・と、思ってます、今では。
ベストメイクも持っていたのですが、若気の至りで、無惨なことをしてしまいまして(いずれupします)上述の意を確かにできない・・・と、思いきや、最近入手したベストメイクでその意を新たにしています(これもいずれup・・すると思いますw)
PR
―コメント―
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No.1 パイプのくちを直したいのですが
父親の形見である3Bのパイプですが、口の部分を噛んで壊れてしまいました。口の部分を直したいのですが、どのようにしたらよろしいでしょうか、因みに、口と本体の間に金具が入っております。是非教えて頂きたいと思います。
今井徹 2011/04/02(Sat)20:48:47 編集
No.2 コメありがとうございます
リコメ遅れてすみませんm( __ __ )m.

さてマウスピースの補修ですが、どのような状態なのか分かりませんので的確にお答え出来るかどうか‥‥完全に噛み切った状態ですと、作り直すしかないと思います。

パイプを扱っているお店でリペア用のマウスピースは売っていると思うのですが、パイプに合わせる作業はけっこう面倒です。

確実なのは、やはりツゲさんなどに依頼してリペアしてもらうことだと思います。

私はやったことが無いので詳しくは分かりませんが、やはりお店でご相談なさるべきでは?と思います。

あ、金具が入ってるのはリペア上問題は無いと思いますよ。
ロク 2011/04/27(Wed)16:36:49 編集
―トラックバック―
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © My 70's pipes All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]