忍者ブログ
使い続けたパイプの整理棚 
カレンダー
 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
 
カテゴリー
 
フリーエリア
 
最新CM
 
最新記事
 
最新TB
 
プロフィール
 
HN:
ロク
性別:
非公開
バーコード
 
RSS
 
ブログ内検索
 
アーカイブ
 
最古記事
 
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4
/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは京都にあった非常に小さな店で買った物です。 恰幅の良いオジサンがタバコ屋の看板娘よろしく顔だけ出してるような、そんな店でした。 けっこう足繁く通ってたと思うのですが、ある日このパイプを出してくれました。 当時、パイプがまとめて入荷すると販売店は早い者勝ちで品定めをしていたようで、これはいち早くオジサンが仕入れた物だと見せてくれました。 パーカーでここまで良いグレインは初めてだと言うんですよ・・商売上手だったのかもしれませんが、確かにものすごく目の詰まったバーズアイは見事です。 しかも木埋めが見あたりません(後で極小さいのをシャンクに発見しますが)  値段も7〜8k円と手頃(パーカーはダンヒルのようにサイズで値段が違いました)だったので、即購入決定。

しかしこれMATTってネームが入ってますが(引っ掻いたような細い刻印なので消えかけてます)艶もあるし、フランス物のマットとは全然違いました。

ダンヒルグループサイズで2の小ぶりなブルドッグはいかにもイギリスパイプという感じがして大好きな一本になりました。
グレイン同様、木質も比較的詰まった持ち重りのする感じですが、けっして硬いということもないようです。 硬い木質にありがちな煙がウェットということもありません。
煙がやわらかく、舌に甘味うま味がまとわりつくような感じで、特に後半のコクの出方は天晴れなもんです。 全うに使い古されたそれなりのイギリスパイプはこういう味わいになるのではないでしょうか?
PR
―コメント―
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
―トラックバック―
この記事にトラックバックする:
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © My 70's pipes All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]